ビー・エスコート

未成年が脱毛を始めるときの注意点

未成年が脱毛を始めるときの注意点

 

最近では大人だけでなく、子どもから脱毛を始められるような脱毛サロンも増えています。

 

思春期になってくると自分のムダ毛が気になってくるため、脱毛を始めたいという子どもも多いと思います。

 

ただ、未成年が脱毛を始める場合には、保護者の同意書が必ず必要になってきます。

 

 

しかし、保護者の同意書なしで施術を行ってしまう脱毛サロンもあります。

 

未成年の施術にも関わらず、同意書が不要だという脱毛サロンは不安要素が大きいです。

 

 

脱毛にはリスクもあるため、そのようなリスクを把握した上での契約が必要となります。

 

リスクというのは、やけどやお肌のトラブルです。

 

もちろんそのリスクについて保護者が理解して、同意書にサインすることが当然になります。

 

 

保護者の同意書を必要としない脱毛サロンは、保護者の理解も得ずに子どもの判断だけで施術を受けさせてしまうため、危険な部分もあります。

 

また、子どもだけで契約してしまうと、支払いができなくなってしまうというようなことも起こってしまいます。

 

親に脱毛を反対されたから自分だけで契約できるところを探して、脱毛を始めてしまうのも心配ですよね。

 

そんな心配をしないでいいように、子どもが脱毛したいと言っていて、親が同意している場合は、保護者も一緒に脱毛サロンへ行って説明を受けるのが一番いいでしょう。

 

 

子どもだけで説明を聞きに行くと、高額なコースの契約を勧められたり、長い時間を使って勧誘したりするような場合もあります。

 

しかし、保護者が一緒にいることで必要以上にしつこい勧誘もされませんし、変な契約をさせられる心配もありません。

 

そして、保護者にも脱毛について知ってもらうことができるので、納得してもらえる場合もあるかもしれません。

 

未成年だけど脱毛を始めたいという方は、保護者と一緒に脱毛サロンへ話を聞きに行ってみましょう。